たかのだい歯科

患者さんの立場になって考える歯科医院。
西武池袋線 練馬高野台駅から徒歩一分です。

  • トップバナー01
  • トップバナー02
  • トップバナー03
  • トップバナー04

HOME ≫ 診療の案内 ≫

診療の案内

歯科(むし歯)

c1-4
虫歯の進行

C1の治療

歯の表面の白濁、あるいはエナメル質に穴があく程度がC1、同じC1でも程度によって治療は違いますが、あきらかに穴があいていれば削って修復材を詰めます。

C2の治療

C2のむし歯は、詰めものでは修復できないことがあります。そのときは、インレーやアンレーという、削った穴の形に合わせてつくったものをはめ込みます。
これらは穴の大きさで使い分けます。

C3の治療

歯に栄養を送っていきいきとさせる役割がある歯髄なので、できるだけ残したいもの。
でも、炎症が強ければ歯の神経をとらざるおえないこともあります。

C4の治療

歯冠部がほとんどなくなってしまった場合、残された根の状態のよしあしで、治療方法が変わります。根の状態はレントゲンなどで確認します。

歯の根の治療について

神経治療器具

歯の中がむし歯菌などにおかされると、激しく痛むこともあります。
また、放っておくと、歯を抜かなければいけなくなることもあります。
歯の中には「根管」とよばれる管状になっており、歯の根の治療では、この中をきれいにしていきます。根管はわずか数ミリしかなく、しかも複雑に入り組んでいる場合もあります。細菌を除去して薬を詰めるには、管状の状態によって治療に回数が必要となります。

治療を中断すると、再発したり抜歯となったりしてしまいます。
痛みがなくなったからといって途中で治療をやめてしまうと、細菌が再び繁殖します。
歯の神経をとってしまうため痛みがでないこともありますが、やがてさらに奥の神経がいたんだり、抜歯になることもあります。
お時間・治療回数がかかることもありますが、治療が終了するまでご協力よろしくお願いします。

歯周治療

たかのだい歯科での歯周治療の基本的治療方針

「歯周病が進行すると、骨が溶かされます!」
「骨が溶かされないようにするためにも、歯周治療を行います。」

歯周病の進行

歯肉炎

歯肉が炎症を起こし、赤くはれているのが外見の症状。歯みがきなどちょっとした刺激で出血することがあります。「たかのだい歯科での歯周治療」は歯肉炎といわれる状況では、炎症を起こす原因を取り除くことが治療の第一歩になります。
 

2000714_コピー

歯周炎(軽度)

歯肉の炎症が進み、歯周ポケットが広がります。歯肉の色が赤紫色に黒ずんだり、急に歯肉がはれて痛くなったりします。
「たかのだい歯科での歯周治療」はスケーリングや歯根の深いところの歯石を除去するルートプレーニングといった専門的な処置を行います。

2000715_コピー

歯周炎(中・重度)

歯槽骨が溶け、根がぐらぐらするようになったら末期症状です。
歯肉はぷよぷよして口臭もひどく、歯根が露出したりうみがでたりします。
「たかのだい歯科での歯周治療」は歯周外科手術で歯根をきれいに行ったりします。
また歯周炎が進むと抜くしかない場合も、すぐには抜かずに歯を固定して炎症を抑える処置を行う場合もあります。

小児歯科

生えはじめたばかりの乳歯や子どもの永久歯は、まだ発達途上の歯はエナメル質が未成熟で削るとすぐに深部まで達したりします。
そこで、「たかのだい歯科での基本的スタンス」は、必要がない限りなるべく削らず再石灰化で治す努力をしたり、削っても最小限にとどめ、なるべく神経は抜かないようにします。
そして、歯の成長に合わせて経過を見守り、治療を変えていきます。

小児歯科02

お子様の予防歯科としてシーラント、フッ素塗布を行っております。
例えば6歳頃生え始める子供の奥歯は、溝が深くむし歯になりやすいです。
そこで、シーラントという樹脂を溝に流し込み、むし歯を予防します。
また、定期的なフッ素塗布もむし歯予防に有効です。

予防歯科

予防歯科02

定期的なメンテナンスは、年齢にかかわらず全ての皆様にとって必要です。

予防歯科01

歯の健康を維持するには、定期的なメンテナンス(リコール)を受けることが大切です。
家庭では磨けてない部分のプロによるクリーニング、ブラッシング指導を数ヶ月に一回受けることで、むし歯や歯周病にかかりにくいことが実証されています。

予防歯科03

お子様には、むし歯予防としてシーラント、フッ素塗布を行っております。6歳頃生え始める子供の奥歯は、溝が深くむし歯になりやすいです。そこで、シーラントという樹脂を埋め込み、むし歯を予防します。また、定期的なフッ素塗布もむし歯予防に有効です。

予防歯科04

大人の方にも、奥歯の溝や歯と歯の間、また、年齢を増すと歯肉退縮による歯根部のむし歯、唾液分泌量の低下・減少の疾患のある方などはむし歯になりやすいため予防歯科のいっかんとしてフッ化物歯面塗布を行ったりします。

歯科口腔外科

歯科口腔外科は、むし歯や歯周病の治療を除く顎口腔領域の疾病全般を扱う事です。
診療内容は抜歯や粘膜疾患やケガなど幅広い分野にわたります。
「たかのだい歯科」では、お口の状況を診査させていただき処置いたします。
当院で処置が困難な場合、また高次歯科医療の処置が必要と考えられる場合、提携病院等への受診をお話しさせていただいております。

歯の欠損

たとえ一本でも放置しておくと、残っている歯が動いて歯並びが悪くなります。
これは見た目だけでなく、かみ合わせの悪さからくる障害が、全身に現れることもあるので要注意です。

「たかのだい歯科の抜けた歯を補う方法」として、

  • 『ブリッジ』
  • 『部分入れ歯』
  • 『総入れ歯』
  • 『インプラント』

が、あります。

メタルセラミックス前歯
メタルセラミックス臼歯
2060286

『ブリッジ』

なくなった歯の両側を支えにして、橋を渡すような形で人工歯を固定するのがブリッジです。
いわば橋脚となる両側の歯を削り、その後に冠をかぶせます。

●金銀パラジウム合金
金銀パラジウム合金

 

●メタルセラミック(前歯)
メタルセラミック(前歯)

 

●メタルセラミック(臼歯)
メタルセラミック(臼歯)

『部分入れ歯』

「部分入れ歯」は、とめ金が見えるので審美的には問題がありますが、ブリッジは健康な歯を削るのがいや、というかたにおすすめです。
また、保険外とはなりますが、ケースによってはとめ金の目立たない『ノンクラスプデンチャー』があります。

『総入れ歯』

『総入れ歯』は、支える歯がない場合は総入れ歯になります。
保険の総入れ歯「レジン床」は、床部分が厚くなります。
保険外の総入れ歯「金属床」は、熱がよく伝わり、味覚がそこなわないのが魅力。床が薄いので違和感が少ないです。

『インプラント』

たかのだい歯科でのインプラントは、大学病院で口腔インプラント科教授をされていた加藤仁夫先生にインプラント治療を担当していただいています。
インプラントは保険外診療ですが、歯が抜けたところの顎の骨に人工歯根を植え込み、人工歯を取り付ける方法です。違和感なくしっかりかむことができ、健康な他の歯を傷つけずに治療することができ、見た目が美しく自然な発音ができるようになります。
 

審美歯科

審美歯科とは、従来のむし歯や歯周病の治療など、通常の歯科で行っている治療に「見た目である美しさ」という視点をくわえた歯科治療です。
たかのだい歯科では、より自然な色合いを保つセラミック等の取扱いをしております。

【インレー(つめもの)】前歯と奥歯や場所により、出来ない症例があります。

●高強度ハイブリッド型硬質レジン
高強度ハイブリッド型硬質レジン

●オールセラミックス
オールセラミックス

●コンポジットレジン充填
沁コンポジットレジン充填

【クラウン(被せ物・さし歯)】前歯と奥歯や場所により、出来ない症例があります。

●硬質レジン
【クラウン】硬質レジン_コピー

●高強度ハイブリッド型硬質レジン
【クラウン】高強度ハイブリッド型硬質レジン_コピー
●メタルセラミックス
【クラウン】メタルセラミックス_コピー

●オールセラミックス
【クラウン】オールセラミックス_コピー

●ラミネートべニア
【クラウン】ラミネートべニア_コピー

●CAD/CAM冠
【クラウン】CADCAM_コピー

【ブリッジ(失った歯を補う)】前歯と奥歯や場所により、出来ない症例があります。

●硬質レジン
【ブリッジ】硬質レジン

●高強度ハイブリッド型硬質レジン
【ブリッジ】高強度ハイブリッド型硬質レジン

●メタルセラミックス
【ブリッジ】メタルセラミックス

●オールセラミックス
【ブリッジ】オールセラミックス
ノンクラスプデンチャー

【部分入れ歯】

●ノンクラスプデンチャー

とめ金が目立たない入れ歯です。

ホワイトニング

たかのだい歯科でのホワイトニングは、歯科医師の診査・診断でホワイトニングが可能である場合、アメリカのクリニックで使用されているホワイトニング材とオーダーメイドのマウスピースを使用してホワイトニングを行います。

ホワイトニングは、永久的なものではありません。少しでも長い間ホワイトニング直後の白い歯を維持させるためには、コーヒー、紅茶など着色しやすい飲料をのむのをなるべく控えたり、喫煙を控える必要があります。また、定期なクリーニングを受けるとより効果があります。

マタニティ歯科

マタニティ歯科01

たかのだい歯科のスタッフは、子育てママさんも在籍しています。
受診で心配な事があれば遠慮なくスタッフにご相談下さい。

妊娠中は、歯科治療がお腹のなかの赤ちゃんへの影響が心配で受診避けてしまいがちかもしれません。
たかのだい歯科では、妊娠中でも歯科治療はできますが、原則としてではありますが応急処置以外の治療は行わないようにしています。
例外の場合を除き必要であれば歯科治療は、妊娠中期(安定期)での治療行うことをスタンスとしています。

また、妊娠中は、女性ホルモンの影響を受けたり、つわりでブラッシングが不十分になったりするために、歯肉の炎症を引き起こしやすい環境になります。
たかのだい歯科では、口腔清掃と歯石除去により改善するよう治療しております。

ドライマウス

ドライマウス

ドライマウスは、口が乾いたり、口の中が乾燥したりする症状のことです。
ドライマウスは、対処法が必ずしも確立されていません。

「たかのだい歯科」では、

  • 粘膜の保湿として保湿剤(湿潤剤)
  • 保湿装置(モイスチャープレート)等を使用するなど

それぞれの患者様に応じた対処法を選択していきます。

顎関節症

顎関節症

口を開けるとあごが痛いで、音がする。口が開けにくいなどは、顎関節症の典型的な症状です。
「たかのだい歯科」での治療は、原因を取り除くことからはじまります。歯の治療やかみ合わせに問題がある場合は口腔内の治療が必要になります。また、悪い姿勢や悪い癖をやめることも治療のひとつです。

また、必要に応じてスプリント(一般的には、マウスピースとも呼ばれるもの)を使用して治療します。

たかのだい歯科

03-3904-7235

177-0033 東京都練馬区高野台1-6-9 エルメゾン高野台1階

診療日時
月曜日・金曜日 午前9:00~午後1:00 午後2:30~午後6:00
火曜日・木曜日 午前9:00~午後1:00 午後2:30~午後8:00
土曜日     午前9:00~午後1:00 午後2:30~午後5:00
休診
水曜・日曜・祝日
 
午前 × ×
午後 × ×

モバイルサイト

たかのだい歯科スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら